暮らしの雑記

暮らしのマーケットで実家の不用品回収を依頼したよ!

Hey guys!
アオクマ(@AoKuma19)です(^_-)-☆

アオクマ
アオクマ
ムッハーッ!
めちゃくちゃ親孝行してぇえ

実家の片付けできてる?

皆さんの実家ってどうなってます?きれいに片づけられていますか?

アオクマの実家は、親が住んでいますが日々の生活に忙しくなかなか”大きな片づけ”は自分たちでできません。大学に行くために家を出てから、たまに実家に帰るくらいで、長らく”大きな”片づけはできていませんでした。

そこで、親孝行で片づけを企画しました!

何をしたのかというと、暮らしのマーケットというサイトを使って、プロの力を借りながら不用品の回収を依頼しました。

結論:めちゃくちゃ親孝行になります

なぜ不用品の回収にしたの?

ぼくらの世代って、買ったらモノを売る。むしろ売るのを見越して買うとか慣れ切っています。しかし、親の世代って、メルカリとかなかったので、ものをためがちなんですね。

  • いつか使うから取っておく
  • まだ使えるから取っておく

使えるかどうかで考えたら、使えるんですが・・。長らく使っていないものはほこりをかぶっています。

また、その中でも大きいものは特に捨てるっていうきっかけが作れません。

  • 捨てる時間がない
  • 捨てる体力がない
  • 捨てるお金がない
  • 捨てる理由がない

時間や体力、お金がなければ捨てようという理由も生まれません。

まだ使えるの・・という考え方と相まって家には長らく使っていない収納(押し入れ、タンス)が部屋の大部分を占めていました。

特に、高齢になればなるほど、体を壊していたり痛めていたりで片づけするのはハードです。

ゆえに、なかなかきっかけがない親に対して大掃除をあげてみたということです。

親にものをあげたり、旅行をプレゼントするのもいいですが、片づけをし”生活をプレゼント”するっていうのはどうでしょう?

暮らしのマーケットとは?

職人版のココナラです。

ココナラが主にデザインや、サイト作りなどWeb系のフリーランスが集まっているのに対し、暮らしのマーケットはリフォーム、大掃除、引っ越しなどの職人系の人々が集まるサービスです。

軽トラックはどこまで積める?

どこまで積めたかというと・・・

  • 金属製ベッド(パイプでできた2段式を崩したもの)
  • 木製タンス 1.8m×1.2m×0.6m
  • 木製タンス 0.75m×0.75m×0.75m
  • 木製棚   0.5m×0.45m×1.2m
  • 木製椅子    3脚
  • 木製のサイドテーブル (大きい)
  • 木製の棚
  • ふすま   5枚
  •