ブログ

ハイライトする方法

Hey guys!
アオクマ(@AoKuma19)です(^_-)-☆

アオクマ
アオクマ
最近読者も増えてイケイケだぜ!
カッケー感じにしたいよなよ!
記事をカキカキ…

**

 

アオクマ
アオクマ
くぅう~
画像で一部を強調するときにありきたりな赤枠で囲むやつになっちまう。

カッケー奴にしたい・・

手順等を説明する際に、ボタンやリンクなどを強調したい時がありますよね。

ただ、アイディアがないから、みんな赤枠で囲みがち。

強調には、いくつかのテクニックがあります。

この記事では、2つの強調方法について解説したあとに、ハイライトについて実際に手順を見てみます。

  • 赤枠囲みの方法
  • ハイライトの方法

”赤枠で囲む”しかアイディアがない、そんな初心者ブロガーに向けて書きます!

画像を強調する方法2つ

赤枠で囲む

  • 最もベーシックな方法
  • 記事やデザインによっては強すぎかも

赤枠で囲う方法は、一番基本的な方法です。PowerPoint(パワーポイント)で四角を作って、外枠を赤に変更すれば完了です。

ハイライトする

  • おしゃれなブロガーが使ってる方法
  • 自然な強調ができる

強調したい個所をハイライトする方法は、おしゃれなブロガーが多用している方法です。PowerPoint(パワーポイント)での作り方は、私も検索して調べたくらい知られていないので解説します。1度覚えてしまえば、5分もかからないテクニックになります。

画像を赤枠で強調する方法

赤枠で強調するのは簡単

赤枠四角を作成し、載せたい図に重ねるだけです。↑の例だと下記の設定をしています。

  • RGB(255,80,80)
  • 線の太さ=6pt
  • 枠線のみ・塗りつぶし無し

私のこだわりとして赤枠の線は太めを使います。この挿絵だと6ptを使っています。

また、色は赤の初期値(RGB=255,0,0)は原色でキツイ印象があるため、ややマイルドな赤(RGB=255,80,80)に変更しています。

 

また、おまけとして”ポイント”と表記しました。これは、

  • 文字白抜き×太字

がいい感じです。

ブログのイメージカラーに合った太さ・色を選ぶといいですね。

画像をハイライトで強調する方法

こんなハイライト画像を解説

こんなスライドを作りたいと思います。

① :作りたい画像を用意する
② :グレー四角を作成する
③ :ハイライト部分のパーツを作る
④ :①②③を重ねる

これで完成です!すべてPowerPoint(パワーポイント)で解説するので、他のCanvaやIllustoratorなどの別のツールを使う場合は、同等の機能をもとに作成してください。

実際に作ってみよう!

① :作りたい画像を用意する

今回は、↑この画像を使ってハイライトしたいと思います。

② :グレー四角を作成する

グレーの四角を作成しました。わかり易いように①の画像の上に重ねています。

こういった色を灰色がかった色にすることを、”グレーアウト”と言います。ここでは灰色の図形を上に重ねて、図形の書式設定から透明度を70%に設定することでグレーアウトしています。

③ :ハイライト部分のパーツを作る

強調する箇所は「下書きとして保存」のボタンです。「下書きとして保存」ボタンだけを切り取ったパーツを作成します。上記の画像では、吹き出しも作成してみました。

④ :①②③を重ねる

上記の画像のようになりましたか?「下書きとして保存」ボタンだけが明るくなり(=ハイライト)それ以外がグレーアウトされているようになります。

 

おいおい、機能はねーのかよ!と声が聞こえてきそうですが、

結局のところ、PowerPointで一部を残して周りだけグレーアウトする簡単な方法はなく、今回のように重ねて作るのが最短ルートです。

まとめ

きょうのまとめ

画像を強調するには2つの方法がある
・赤枠
・ハイライト
ハイライトは、画像を重ねて作ろう!