確定拠出年金

2,000万貯める|三井住友・DC外国株式インデックスファンドS積立で18.78%評価益が出た

アオクマ(@AoKuma19)です

確定拠出年金してますか?

アオクマ
アオクマ
オイラもやってるよ!

私は企業型の制度を利用しています。企業型とは、会社がそう行った制度を持ってる際に加入できるものです。制度がなければidecoなどに頼りましょう。

確定拠出年金は外国株式1択

確定拠出年金はお得な制度

確定拠出年金は毎月決まった金額を積み立てる制度です。積み立てている間は、その積み立て金額を所得から控除できるほか、運用益が非課税です。(受け取り時に税金かかります。)

企業型ならいくらか会社が補助してくれる場合もあります。私のところは17,500円程会社が積立してくれ、9,500円は自己負担です。実質これが退職金というわけです。

確定拠出年金は外国株式1択

確定拠出年金は、どれに投資するか迷いますね。国内株式、国内債券、海外株式、海外債券など。また、国内株式にも種類があったりして。

強く強くお勧めしたいのは、外国株式です。
私の投資しているのは三井住友・DC外国株式インデックスファンドSです。

理由は3つ

①実は分散投資
外国株式といった場合、投資対象は世界中だと思いますか?違います。外国株式といった場合外国の大企業=ほぼアメリカ企業と思っていいでしょう。実際に、会社名を見てみると、このような会社が並びます。

じゃあアメリカに投資してるの?というとこれも違います。組み入れ1位のMicrosoftを見ても、世界中でビジネスを展開しています。つまり、世界の中で儲かってる会社に投資して、世界中でビジネスした結果に対してリターンを得るということになります。これって究極の分散投資だと思いませんか?

1位Microsoft corp
2位Apple.inc
3位Amazon.com inc
4位FaceBook inc-A
5位Alphabet inc-cl c(Google)
6位Johnson&Johnson
7位JPMORGAN Chase&co
8位Alphabet inc-cl A(Google) 
9位EXXON MOBIL CORPRATION
10位NESTLE SA-REGISTERD

ネスレ以外はアメリカ企業です。全体の投資割合にして64.13%です。GAFAをはじめとする優良企業にまんべんなく投資しています。つまり、私の年金は、MicrosoftやAppleなどの名だたる世界的な大企業が作ってくれているということです。

 

②手数料がお得

確定拠出年金をするのであれば手数料を気にする必要があります。手数料は配当などから引かれていくので少なければ少ないほどいいに決まっています。
確定拠出年金で選択できる金融商品は、総じて手数料がお得になっています。つまり、外国株式に投資するのであれば確定拠出年金で投資することがお得だということです。
<信託報酬手数料>2019/07/04現在

三井住友・DC外国株式インデックスファンドS 0.1728%
三井住友・日本株式インデックス年金ファンド 0.2700%
三井住友・日本債券インデックス・ファンド 0.1728%
三井住友・DC外国債券インデックスファンドS 0.1728%

③国内はシュリンク、海外は成長市場

私の持論では、経済=その市場に参加する人数だと思っています。=人口です。
人口が多ければ多いほど経済は拡大し、人口が少なければ経済は縮小すると見ています。
あたりまえですが株価が上がることを意味します。

United Nations World population Prospectを覗いてみます。
https://population.un.org/wpp/

日本は、人口減少の是正が叫ばれていますが、まだまだ回復の兆しは見えません。
実感とともに、予測値もだい右肩下がりです。

一方、投資金額の64.13%を占めるアメリカのお膝元の人口は右肩上がりの予想です。
日本か、アメリカかを人口だけで見てもアメリカのほうが人口ボーナスの影響が強く出そうです。

 

 

基本情報比較

ここでは、比較するための基本情報を載せておきます。
どれも同じ販売会社のインデックスファンドですが、信託報酬やパフォーマンスが異なります。合理的にもみても外国株式が一番お得だということがわかります。(ハイパフォーマンス&ローコスト)

グラフです。黄緑色が外国株式です。

18.78%の評価益

私は7/4時点で18.78%のパフォーマンス(評価益)になっています。
今は、トランプ政権で株高だと考えても、今後も上昇してくれるのではないかと考え、継続して投資していきたいと思います。

トモ
トモ
安心して投資できるね!